今を生きるの本当の意味は?

今を生きようってよく使いますが
それって、今の現実を認めて今を見て生きることだと
思っていたら、どうやら、違うようです。

いつものようにヒロ愛に教えてもらいました。

ヒロ愛が言うには

今を生きるって、物質的な今を生きるんじゃないよ。
そうじゃなくて、思考で、未来を先取りして
今、未来の喜びを感じるというのが
本当の意味での、「今を生きる」という意味だよ。

苦しい今の現実ばかりを見つめてばかりじゃ
いつまでも、今の現実が続くだけなんだ。

つまり、今の行動を生きるのではなく
今の思考が大事なんだ。

今を生きるということは、思考の力を今使うという意味だよ。

行動を変えるには、新しい思考の力、アイディアとか
創造とか、想像の力を使う必要がある。

現実が変わるには、新しいアイディアの波動が必要なんだ。
波動は、思考や感情と置き換えてもいい。

良い考えのときは、よい気持ちになるよね。

だから、いつも、今、良い気持ちになることを
思考することが、今を生きるという意味になる。

だそうです。

聞いて、なるほどって、目からウロコの私でした。

ついつい行動優先になりがちな私ですが
意識して、今の思考を喜びが多いほうへ
向けて、いつも今、良い気持ちになるようにしてから
行動しようと、改めて、思いなおしました。

あなたも、どうぞ、本当の意味で
今を生きてください。そして豊かさや幸せを
引き寄せましょう。