状況至上主義から思考至上主義へ

状況至上主義から思考至上主義へ

先日、ヒロ愛から教えてもらって
なるほどって思ったことです。
状況に左右されて一喜一憂する状態から、
自分が主人公になって、思考によって
自分の感情をコントロールできるようになる方法です。

ヒロ愛がいうには、

悲しいことがあっては、落ち込み
うれしいことがあっては、喜びと
周りの人や状況に、いつも自分の気分が
左右されてばかりでは、本当の幸せは
得られないと思うというんです。

状況が主人の状態だと、状況によって
自分の感情が決められてしまいます。

そうではなくて、
自分が主人の状態へ変わることで
自分はどんな感情になりたいのか
考えて、楽しくなることを考えることも可能です。

状況を離れて思考を優先するというわけです。

つまり、状況至上主義から
思考至上主義へ変わることで
どんな状況でも、いつだって
幸せな気持ちになることが可能なのです。

一見、苦しい状況でも、自分の思考で
楽しい側面を見つけて、そこに
注目する(フォーカスする)ことも
できます。

すると、だんだんと楽しい気分、
幸せな気分に変わっている自分がいました。

これは、練習中です。

あなたも、もし、思ったようなことが起きなくて
あるいは、周りのネガティブな反応に引きずられそうになったら
いったん、その状況から、考えを離して
別の楽しいことを考える練習をしてみてください。

少しずつ、気分がよくなっていきますよ。

共通案内

★豊かさを引き寄せる思考法を
学びたい方はこちらをどうぞ
「お金と希望の法則」の紹介

★幸せを引き寄せる思考法は
こちらをどうぞ。
幸せマニュアルの紹介